ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

文庫・新書ランキング

ランキング掲載の本は基本的に在庫ございます。e-honで「注文できません」「お取り寄せ」や「通常1週間~4週間で出荷します」の表示の場合は直接お近くの啓文堂書店にお問い合わせください。

集計期間:2021年9月6日~2021年9月19日

  • 1位

    沈黙のパレード

    東野圭吾/著
    文藝春秋
    税込価格891円
    出版年月 2021年9月
    ISBN 978-4-16-791745-6

    静岡のゴミ屋敷の焼け跡から、3年前に東京で失踪した若い女性の遺体が見つかった。逮捕されたのは、23年前の少女殺害事件で草薙が逮捕し、無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。町のパレード当日、その男が殺された―容疑者は、女性を愛した普通の人々。彼らの“沈黙”に、天才物理学者・湯川が挑む!

  • 2位

    看取り医独庵

    根津潤太郎/著
    小学館
    税込価格726円
    出版年月 2021年4月
    ISBN 978-4-09-407003-3

    頃は江戸中期、医術の腕は天下一品、独庵こと壬生玄宗の物語。 裕福な商人からは法外ともいえる診察代を頂戴するが、庶民の診察代は一律三分と決めて揺るがない。 生きるも死ぬも、江戸庶民とともに!看取り医・独庵が一刀のもとに悪を両断する痛快書き下ろし時代小説。 現役の医師が、江戸時代にメスを入れる意欲作! 啓文堂大賞 2021年時代小説文庫大賞受賞作。

  • 3位

    未来

    湊かなえ/著
    双葉社
    税込価格858円
    出版年月 2021年8月
    ISBN 978-4-575-52487-1

    「こんにちは、章子。私は20年後のあなた、30歳の章子です。あなたはきっと、これはだれかのイタズラではないかと思っているはず。だけど、これは本物の未来からの手紙なのです」ある日突然、少女に届いた一通の手紙──。家にも学校にも居場所のない、追い詰められた子どもたちに待つ未来とは!? デビュー作『告白』から10年、湊ワールドの集大成となる長編ミステリー、待望の文庫化!!

  • 4

    下町ロケット ゴースト

    池井戸潤/著
    小学館
    税込価格880円
    出版年月 小学館
    ISBN 978-4-09-407063-7

    佃航平率いる下町の中小企業・佃製作所は、幾多の困難や倒産の危機を乗り越えてきた。しかし、またしてもかつてない壁が立ちはだかる。絶対絶命のピンチの中、佃が打ち出す新たな一手とは。大人気シリーズ第3弾!

  • 5

    ある男

    平野啓一郎/著
    文藝春秋
    税込価格902円
    出版年月 2021年9月
    ISBN 978-4-16-791747-0

    弁護士の城戸はかつての依頼者・里枝から奇妙な相談を受ける。彼女は離婚を経験後、子供を連れ故郷に戻り「大祐」と再婚。幸せな家庭を築いていたが、ある日突然夫が事故で命を落とす。悲しみに暮れるなか、「大祐」が全くの別人だという衝撃の事実が…。愛にとって過去とは何か?人間存在の根源に触れる読売文学賞受賞作。

  • 6

    護られなかった者たちへ

    中山七里/著
    宝島社
    税込価格858円
    出版年月 2021年8月
    ISBN 978-4-299-00633-2

    号泣必至!佐藤健、阿部寛出演!10月1日映画公開予定の「骨太社会派ヒューマン・ミステリー」ついに文庫化です。誰もが口を揃えて「人格者」だと言う、仙台市の福祉保険事務所課長・三雲忠勝が、身体を拘束された餓死死体で発見された。怨恨が理由とは考えにくく、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜査は暗礁に乗り上げる。しかし事件の数日前に、一人の模範囚が出所しており、男は過去に起きたある出来事の関係者を追っているらしい。そして第二の被害者が発見され――。社会福祉と人々の正義が交差したときに、あなたの脳裏に浮かぶ人物は誰か。

  • 7

    やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。結 1

    渡航/〔著〕
    小学館
    本税込価格726円
    出版年月 2021年9月
    ISBN 978-4-09-453031-5

    「俺ガイル」もう一つの物語  冷たい木枯らしの吹くクリスマス。ささやかながらも暖かなパーティーの後、結衣は自身の心にもある”想い”が灯っていることに気付く。届かない祈りも、叶わない願いもきっとある。でも、欲しいものがある。本当は、嘘でもいい。たとえ、まちがっていても、正しくなくても、その手を握っていたいーー。数多の人が欲しいものを願う夜。願いの数だけ、想いの数だけ語られない物語がある--。だから、これは、由比ヶ浜結衣の物語。

  • 8

    下町ロケット ヤタガラス

    池井戸潤/著
    小学館
    税込価格935円
    出版年月 2021年9月
    ISBN 978-4-09-407064-4

    準天頂衛星「ヤタガラス」を利用した事業計画で、帝国重工とタッグを組むことになった佃製作所。しかし、思いがけないライバルが現れる。熱き「開発ストーリー」は怒濤のクライマックスへ。大人気シリーズ第4弾! 

  • 9

    デジタル・ファシズム

    堤未果/著
    NHK出版
    税込価格968円
    出版年月 2021年8月
    ISBN 978-4-14-088655-7

    行政、金融、教育。国の心臓部である日本の公共システムが、今まさに海外資本から狙われていることをご存知だろうか?コロナ禍で進むデジタル改革によって規制緩和され、米中をはじめとする巨大資本が日本に参入し放題。スーパーシティ、デジタル給与、オンライン教育…いったい今、日本で何が起きているのか?気鋭の国際ジャーナリストが緻密な取材と膨大な資料をもとに明かす、「日本デジタル化計画」驚きの裏側!

  • 10

    ヨルガオ殺人事件 上

    アンソニー・ホロヴィッツ/著 山田蘭/訳
    東京創元社
    税込価格1,100円
    出版年月 2021年9月
    ISBN 978-4-488-26511-3

    『カササギ殺人事件』から2年。クレタ島で暮らす元編集者のわたしを、英国から裕福な夫妻が訪ねてくる。彼らのホテルで8年前に起きた殺人の真相を、ある本で見つけた―そう連絡してきた直後に夫妻の娘が失踪したという。その本とは、わたしが編集した名探偵“アティカス・ピュント”シリーズの一冊だった…。『カササギ殺人事件』の続編にして、至高の犯人当てミステリ!

ここからフッター情報です