ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

出版社・メーカーからのコメント

「竹林小説のアンソロジーを作る」というアイデアはあまりにも魅力的であり、とうてい抗うことはできなかった。この機会を逃せば、こんな得体の知れない本を世に送り出す機会なんて二度と来ないだろうから……。(「まえがき」より)希代の竹林愛好家として知られる森見登美彦が、作家たちにお願いして、奇跡のようなアンソロジーが出来ました。竹林の奥深くへ、ようこそ!

ここからフッター情報です