ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 児童

壁抜け男 エーメショートセレクション

マルセル・エーメ/作 平岡敦/訳 ヨシタケシンスケ/絵
理論社
本体 1300円 +税
出版年月 2019年12月
ISBN 978-4-652-20335-4

出版社・メーカーからのコメント

幼少期の辛い体験や苦労を重ねた人生の影響が、色濃く現れているエーメ作品。社会の片隅でひっそりと生きる庶民に向けられる共感が、さらにはエーメならではの皮肉っぽい視線が加わった短編6篇を厳選して新訳でお届けする。

著者紹介

エーメ,マルセル(エーメ,マルセル)1902年フランス・ヨンヌ県ジョアニーに生まれる。兵役ののちパリに出て職を転々とする。ジャーナリストとして働きながら『ブリュールボア』でデビュー。『死者の食卓』でルノードー賞を、『名前のない町』でポピュリスト賞を受賞し、作家に専念。『緑の牝馬』は映画化もされ、その地位を不動のものとする。小説家のほか、戯曲『クレランバール』など劇作家としても活躍。1967年没

平岡 敦(ヒラオカ アツシ)1955年千葉市に生まれる。早稲田大学文学部卒業。中央大学大学院修了。フランス文学翻訳家。『天国でまた会おう』で日本翻訳家協会賞翻訳特別賞を、『オペラ座の怪人』で日仏翻訳文学賞を受賞

ヨシタケ シンスケ(ヨシタケ シンスケ)1973年神奈川県に生まれる。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。『りんごかもしれない』で産経児童出版文化賞美術賞などを『もうぬげない』でボローニャ・ラガッツィ賞特別賞などを『このあとどうしちゃおう』で新風賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です