ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 教養

パンツァー・オペラツィオーネン 第三装甲集団司令官「バルバロッサ」作戦回顧録

ヘルマン・ホート/著 大木毅/編・訳・解説
作品社
本体 3600円 +税
出版年月 2017年9月
ISBN 978-4-86182-653-5

著者紹介

ホート,ヘルマン(ホート,ヘルマン)1885‐1971。ドイツ国防軍の軍人。最終階級は上級大将。第一次世界大戦前に参謀将校としての訓練を受け、第二次大戦開始時には歩兵大将に進級、装甲部隊である第15軍団長を拝命。ポーランド侵攻で戦功をあげ、騎士鉄十字章を受ける。翌年のフランス作戦でも侵攻の尖兵となり、その功績で上級大将に進級。1941年のソ連侵攻では、第3装甲集団司令官に任命された。グデーリアンの第2装甲集団と協力し、史上空前の包囲殱滅戦を実行。1943年秋、ウクライナの大都キエフの防衛に失敗し、ヒトラーに解任された

大木 毅(オオキ タケシ)1961年東京生まれ。立教大学大学院博士後期課程単位取得退学。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてボン大学に留学。千葉大学その他の非常勤講師、防衛省防衛研究所講師、国立昭和館運営専門委員等を経て、現在著術業。2016年より陸上自衛隊幹部学校講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です