ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文庫

怒らなければすべて健康 自律神経の乱れが人生をおかしくする

小林弘幸/著
祥伝社
本体 540円 +税
出版年月 2017年7月
ISBN 978-4-396-31713-3

出版社・メーカーからのコメント

イライラするだけで、体はこんなに傷ついている自律神経研究の第一人者による怒りの危険性と予防法怒りをコントロールできれば、ほかの健康法はいりません。ちょっとした習慣で医者いらず。自律神経を整えるイライラ解消プログラム●口角を上げ、笑顔でいるだけで変わる●「ため息」と「1対2の呼吸法」で血流がよくなる●丁寧に宛名を書くだけで、副交感神経はアップする●おだやかな人ほど長寿といえる理由●なぜ、私のデスクにハサミが5つあるのか?●人生を9割よくする怒りのコントロール法●しつこい怒りは「引き出し」に収める●緊張と不安と怒りに効く「5つの質問」もっと科学的に、合理的に「怒り」とつきあいましょう怒りをなくすことはできません。私自身、日常生活でイラッときたり、ムカムカする体験は数えきれないほどしています。それでも健康でいられるのは、いかに小さな怒りを大きな怒りに結びつけないか、いかに小さな怒りを瞬時に解消するかを知っているからです。本書では、日頃私が実践している、怒りをコントロールする方法をお教えします。自律神経を測る装置により、私が実践してきた方法が、実際に自律神経の乱れを治すことも証明されています。(「はじめに」より)

著者紹介

小林 弘幸(コバヤシ ヒロユキ)順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科(小児外科)博士課程を修了後、ロンドン大学付属英国王立小児病院、トリニティ大学付属小児研究センター、アイルランド国立病院を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。順天堂大学に日本初の便秘外来を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です