ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文庫

切羽 密命・潰し合い中山道

佐伯泰英/著
祥伝社
本体 648円 +税
出版年月 2010年12月
ISBN 978-4-396-33632-5

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

読書メーター 感想・レビューページへ

出版社・メーカーからのコメント

金杉師弟、最後の試練! 10日余りに迫った上覧剣術大試合に浮き立つ江戸市中。それを尻目に、金杉清之助は独り菊屋敷で淡々と鍛錬(たんれん)に励んでいた。一方、出場権を得るため、尾張柳生(おわりやぎゅう)の柳生秀直(ひでなお)、東篠龍祁(とうじょうりゅうぎ)を追って中山道をひた走る惣三郎(そうざぶろう)と神保桂次郎(じんぼけいじろう)。その行く手には、雪の峠越えや敵の罠(わな)が! 極限状態で師弟が見出す光明、そして尾張の真の思惑とは? 緊迫のシリーズ第24弾!

著者紹介

佐伯 泰英(サエキ ヤスヒデ)1942年、北九州市生まれ。闘牛カメラマンとして海外で活躍後、国際的スケールの作品を次々と発表する。99年、初の時代小説『密命―見参!寒月霞斬り』(祥伝社文庫)を発表、迫力ある剣戟シーンと人情味あふれる庶民を描き、一躍ベストセラー作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

読書メーター 感想・レビューページへ

ここからフッター情報です