ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 生活

我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 現代病を治す糖質制限食

宮本輝/著 江部康二/著
東洋経済新報社
本体 1500円 +税
出版年月 2009年8月
ISBN 978-4-492-04341-7

本の内容

「現代人の糖質の摂りすぎ」「人にふさわしい食」「がんやアルツハイマーを防ぐ食事」などについて対談する。

著者紹介

宮本 輝(ミヤモト テル)1947年兵庫県神戸市に生まれる。1970年追手門学院大学文学部卒業。1977年『泥の河』で第13回太宰治賞を受賞。1978年『螢川』で第78回芥川龍之介賞を受賞。1987年『優駿』で第21回吉川英治文学賞を受賞。第1回JRA賞馬事文化賞受賞。1995年平成6年度兵庫県文化賞受賞。1999年第34回大阪市市民表彰受賞。2004年『約束の冬』で平成15年度(第54回)芸術選奨文部科学大臣賞文学部門受賞。2005年平成17年度大阪芸術賞を受賞

江部 康二(エベ コウジ)1950年京都生まれ、広島で育つ。1974年京都大学医学部卒業、京都大学胸部疾患研究所で研修。1978年財団法人高雄病院に医局長として勤務。1994年7月から高雄病院副院長就任。2000年高雄病院理事長に就任。2001年糖尿病患者への糖質制限食の指導を開始。研究も始める。2009年NPO法人糖質制限食ネット・リボーン理事長に就任。現在、医師、財団法人高雄病院理事長。東洋医学を中心に西洋医学、糖質制限食・絶食療法・食養生・心理療法を取り入れ、幅広い立場から臨床活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です