ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 生活

主食を抜けば糖尿病は良くなる! 実践編

江部康二/著
東洋経済新報社
本体 1600円 +税
出版年月 2008年2月
ISBN 978-4-492-04296-0

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

読書メーター 感想・レビューページへ

本の内容

「お腹いっぱい食べても、ビックリするほど簡単に血糖値が安定し、やせることもできた」などと反響を呼んだベストセラーの続編。

著者紹介

江部 康二(エベ コウジ)1950年京都生まれ。広島で育つ。1974年京都大学医学部卒業、京都大学胸部疾患研究所で研修。1978年医局長として財団法人高雄病院勤務。中国医学から出発し独自の展開を遂げ漢方臨床実践を行う。1994年7月から高雄病院副院長就任。10月、「アトピー・ネットワーク・リボーン」を設立し、運営委員代表として参加。11月からバンド「ターニング・ポイント」のリードボーカルとして毎月1回、第三金曜ライブを展開。2000年2月から高雄病院理事長に就任。2001年糖尿病患者への糖質制限食の指導を開始。研究も始める。2002年自身が糖尿病であることがわかり、自らも糖質制限食の実践を始め、より精力的に研究を深める。現在、東洋医学(漢方、鍼灸)を中心に西洋医学、糖質制限食・絶食療法・食養生、心理療法を取り入れ幅広い立場から臨床活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

読書メーター 感想・レビューページへ

ここからフッター情報です