ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 生活

糖尿病が良くなるごちそうレシピ 糖質制限食の実践法

江部康二/著
東洋経済新報社
本体 1500円 +税
出版年月 2006年2月
ISBN 978-4-492-04249-6

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

読書メーター 感想・レビューページへ

本の内容

ベストセラー『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』のレシピ版。肉、魚、アルコールもOKでありながら、劇的な効果をもたらす献立。

著者紹介

江部 康二(エベ コウジ)医師、財団法人高雄病院理事長。1950年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学胸部疾患研究所などを経て、78年から高雄病院に勤務。漢方治療に取り組むとともに、絶食療法、心理療法なども導入する。2001年に自らが糖尿病であることに気づいて以来、糖尿病治療の研究に取り組み、「糖質制限食」により自身の糖尿病を克服。高雄病院での数多くの臨床活動を通じて、糖質制限食の画期的な治療効果を証明した。糖質制限食を初めて紹介した著書『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)は、全国で大反響を巻き起こした

高野 邦子(タカノ クニコ)医学博士、内視鏡・消化器病専門医。内科医として勤務する中で、食事として「口から入るもの」が重要であり、それこそが健康維持・予防医学の原点であると強く実感。江部医師の理論に深く共感し糖質制限食を自ら実践中。家族のための日常料理の積み重ねから、単なる治療・代替食でない「健康で美味しくいつまでも食べ続けることができる」糖質制限食レシピを考案した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

読書メーター 感想・レビューページへ

ここからフッター情報です