ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

文庫・新書ランキング

ランキング掲載の本は基本的に在庫ございます。e-honで「注文できません」「お取り寄せ」や「通常1週間~4週間で出荷します」の表示の場合は直接お近くの啓文堂書店にお問い合わせください。

2018年3月28日~4月4日

  • 1位

    ラプラスの魔女

    東野圭吾
    KADOKAWA
    本体760円 +税
    出版年月 2018年2月
    ISBN 978-4-04-105493-2

    ある地方の温泉地で硫化水素中毒による死亡事故が発生した。地球化学の研究者・青江が警察の依頼で事故現場に赴くと若い女の姿があった。彼女はひとりの青年の行方を追っているようだった。2か月後、遠く離れた別の温泉地でも同じような中毒事故が起こる。ふたりの被害者に共通点はあるのか。調査のため青江が現地を訪れると、またも例の彼女がそこにいた。困惑する青江の前で、彼女は次々と不思議な“力”を発揮し始める。

  • 2位

    警官の掟

    佐々木譲
    新潮社
    本体840円 +税
    出版年月 2018年3月
    ISBN 978-4-10-122328-5

    東京湾岸で男の射殺体が発見された。蒲田署の刑事は事件を追い、捜査一課の同期刑事には内偵の密命が下る―所轄より先に犯人を挙げよ。捜査線上に浮上する女医の不審死、中学教師の溺死、不可解な警官の名前。刑事の嗅覚が事件の死角に潜む犯人を探り当てたとき、物語は圧巻の結末になだれこむ。徹底したリアリティと重厚緊密な構成で警察小説の第一人者が放つ傑作長編。

  • 3位

    羊と鋼の森

    宮下奈都
    文藝春秋
    本体650円 +税
    出版年月 2018年2月
    ISBN 978-4-16-791010-5

    高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥と出会って以来、調律に魅せられた外村は、念願の調律師として働き始める。ひたすら音と向き合い、人と向き合う外村。個性豊かな先輩たちや双子の姉妹に囲まれながら、調律の森へと深く分け入っていく―。一人の青年が成長する姿を温かく静謐な筆致で描いた感動作。

  • 4

    終わった人

    内館牧子
    講談社
    本体900円 +税
    出版年月 2018年3月
    ISBN 978-4-06-293876-1

    大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられ、そのまま定年を迎えた田代壮介。仕事一筋だった彼は途方に暮れた。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す―。日本中で大反響を巻き起こした大ヒット「定年」小説!

  • 5

    億男

    川村元気
    文藝春秋
    本体680円 +税
    出版年月 2018年3月
    ISBN 978-4-16-791026-6

    「お金と幸せの答えを教えてあげよう」。宝くじで三億円を当てた図書館司書の一男は、大富豪となった親友・九十九のもとを訪ねる。だがその直後、九十九が三億円と共に失踪。ソクラテス、ドストエフスキー、福沢諭吉、ビル・ゲイツ。数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、一男のお金をめぐる三十日間の冒険が始まる。

  • 6

    朽ちないサクラ

    柚月裕子
    徳間書店
    本体680円 +税
    出版年月 2018年3月
    ISBN 978-4-19-894323-3

    警察のあきれた怠慢のせいでストーカー被害者は殺された!?警察不祥事のスクープ記事。新聞記者の親友に裏切られた…口止めした泉は愕然とする。情報漏洩の犯人探しで県警内部が揺れる中、親友が遺体で発見された。警察広報職員の泉は、警察学校の同期・磯川刑事と独自に調査を始める。次第に核心に迫る二人の前にちらつく新たな不審の影。事件には思いも寄らぬ醜い闇が潜んでいた。

  • 7

    秋霖やまず

    佐伯泰英
    光文社
    本体600円 +税
    出版年月 2018年3月
    ISBN 978-4-334-77613-8

    浅草御蔵前で、亡き先代伊勢亀に代わる札差の新筆頭行司がなかなか決まらない。父の跡を継いでの就任を固辞する伊勢亀の当代半右衛門の元に、不可解な企てとも取れる文が届き、幹次郎は危ぶむ。巨額の富と莫大な権力を手にする筆頭行司の座を巡り、長い秋雨にけぶる吉原の町にも陰謀が蠢き始め、狙われる西河岸の桜季、そしてついに―。大人気シリーズ第三弾。

  • 8

    がん消滅の罠

    岩木一麻
    宝島社
    本体680円 +税
    出版年月 2018年1月
    ISBN 978-4-8002-7982-8

    呼吸器内科の夏目医師は生命保険会社勤務の友人からある指摘を受ける。夏目が余命半年の宣告をした肺腺がん患者が、リビングニーズ特約で生前給付金を受け取った後も生存、病巣も消え去っているという。同様の保険金支払いが続けて起きており、今回で四例目。不審に感じた夏目は同僚の羽島と調査を始める。連続する奇妙ながん消失の謎。がん治療の世界で何が起こっているのだろうか―。

  • 9

    君たちはどう生きるか

    吉野源三郎
    KADOKAWA
    本体970円 +税
    出版年月 2000年3月
    ISBN 978-4-00-331581-1

    著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

  • 10

    真実の10メートル手前

    米澤穂信
    東京創元社
    本体680円 +税
    出版年月 2018年3月
    ISBN 978-4-488-45109-7

    高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの大刀洗と合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める。大刀洗はなにを考えているのか? 滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執――己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、大刀洗万智の活動記録。「綱渡りの成功例」など粒揃いの六編、第155回直木賞候補作。

ここからフッター情報です